論文など  
 

・論文集,学会誌に掲載の論文,およびfull paperで審査のあった国際会議のリスト
・口頭発表はこちら

非線形システムの切替制御
論文/国際会議
・ポテンシャル関数にもとづく倒立振子の非線形制御
    計測自動制御学会論文集 35-1,pp.52〜58(1999)
・時間軸状態制御形にもとづいた切替制御
    計測自動制御学会論文集 36-6,pp.512〜518(2000)
・Switching Control of Chained System Based on Time-state Control Form
    Proc. of IEEE IECON2000 pp.1105〜1110(2000)
・Stability of Switching Controled Chained Systems Based on Time-state Control Form
    Proc. of 11th Mediterranean Conference on Control and Automation(2003)
・State dependent switching control for inverted pendulum
    Preprints of the 16th IFAC world congress, Fr-A20-TO/6(2005)
・Tracking Control of Wheeled Inverted Pendulum Based on the Time-state Control Form
    Preprints of the 18th IFAC world congress, Th-A20/6(2011)
・時間軸状態制御形にもとづく Chained System の安定化条件
    計測自動制御学会論文集 49-5,pp.499-504(2013)
・時間軸状態制御形にもとづいた車輪型倒立振子ロボットの軌道追従制御
    計測自動制御学会論文集 49-10,pp.936-943(2013)
・時間軸状態制御形にもとづいた安定化制御におけるゲインの切替条件
    計測自動制御学会論文集 50-12,pp.845-851(2014)
・Control of Mobile Robot by Switching Traveling Direction and Control Gain
    ROBOMECH Journal (2017)4:29, (published online: 19 December 2017)
・移動ロボットを用いて制御理論を学ぶ実験カリキュラム
    計測自動制御学会論文集,55-7,pp.457-465(2019)
研究費
・名古屋工業大学 平成12年度大学研究活性化経費(2000)
・平成13年度 科学研究費補助金 奨励研究(A)13750413(2001〜2002)
・平成29年度 科学研究費補助金 一般研究(C)17K01093(2017〜2019)

力覚スケーリング
論文
・指先における一定力と弾性力に対する弁別閾測定
    ヒューマンインターフェース学会論文誌 2-3,pp.341〜346(2000)
・マスタ−スレーブシステムにおける弁別閾を考慮した力のスケーリング
    日本ロボット学会誌 19-3,pp.402〜407(2001)
・人の知覚特性にもとづいたマスタースレーブのスケーリング則と必要条件
    計測自動制御学会論文集 40-2,pp.172〜179(2004)
・The Necessary Conditions of the Scaling Ratio in Master-slave Systems Based on Human Difference Limen of Force Sense
    IEEE Transactions on System, Man and Cybernetics, Part A, 35-2, pp.275-282(2005)
・時間変化する力に対する力覚特性にもとづいたマスタ−スレーブシステムのスケーリング条件
    バイオメカニズム18, pp.165-174(2006)
・物体の色が硬さの知覚におよぼす影響
    日本ヴァーチャルリアリティ学会論文集16-3,pp.355-361(2011)
研究費
・平成14年度 名古屋工業大学研究活性化経費(2002)
・平成15年度 第12回堀情報科学振興財団研究助成(2003)
・平成15年度 科学研究費補助金 若手研究(B)15760170(2003〜2004)
・平成18年度 財団法人メカトロニクス技術高度化財団 第18期研究助成(2006)
・平成18年度 東洋大学研究所プロジェクト(2006〜2008)
受賞
・日本機械学会東海支部奨励賞(2005)

2-delay制御
論文
・2-delay入力制御による零点回避条件と逆システム構成法
    計測自動制御学会論文集 30-12,pp.1484〜1491(1994)
・2-delay出力制御による零点消去条件と強安定化則
    計測自動制御学会論文集 31-1,pp.48〜55(1995)
・2-delay入力制御による零点配置とモデルマッチング
    計測自動制御学会論文集 31-2,pp.161〜167(1995)
・切替え入力量を抑えた2-delay入力制御による逆システム
    計測自動制御学会論文集 33-2,pp.87〜93(1997)
受賞
・計測自動制御学会中部支部30周年記念奨励賞(1999)

その他
論文
・不確定なProduct Mixと技術進展の下での設備投資計画問題とその解法
    経営工学会誌 53-3,pp.228〜240(2002)
・降水ナウキャストを利用した雨水ポンプ場流入量の将来予測
    下水道協会誌論文集45-544,pp.87-95(2008)
・低学年からの継続的な実践型教育(Project Based Learning)とその効果
    工学教育,57-2,pp.46〜52(2009)
・ARXモデルを用いた雨水ポンプ場の水位予測
    下水道協会誌論文集48-587,pp.110-116(2011)
研究費
・平成21年度 科学研究費補助金 若手研究(B)21760338 (2009〜2011)


もどる